teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 薬物治療学質問箱(200)
  2. 病理学質問箱(104)
  3. 病態生理質問箱(189)
  4. 薬学教育について語るスレ(198)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: Sj&ouml;gren-Larsson(シェーグレン・ラルソン)症候群

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 3日(日)20時07分47秒
返信・引用
  > No.836[元記事へ]

私もシェーグレンラルソン症候群だと診断されています。現在、21歳ですがひどい乾燥肌とつま先足で歩くこと以外は普通の人となんら変わりはありません。脳の方も問題はありません。
 
 

Re: シブトラミン(Sibutramine

 投稿者:あみん  投稿日:2013年 2月20日(水)18時40分30秒
返信・引用
  > No.1158[元記事へ]

自分はBTNETって所でリデュースっていう食欲抑制剤を頼んだことあります。効果は結構ありましたけど。
 

厚労省、森光敬子。不正流用は明白です

 投稿者:厚労省、森光敬子。不正流用は明白です  投稿日:2012年10月29日(月)20時14分37秒
返信・引用
  厚生労働省 医系技官 森光敬子 、不正流用の説明責任をはたさず、ごまかすことが、あなたの「技」ですか?
それが、技官としての仕事ですか?
そんな人間は、国家公務員・医師としての適性がありません。
現在、福島第一原発事故の放射能による汚染状況は、人類がかつて経験したことのない規模の汚染になっています。
あなたのように、国家公務員としての義務をはたさない無責任な人は、国民の命と健康にかかわる仕事をするべきではない。
即刻、辞職すべきでしょう。
以下、引用
________________________________________________________________

厚生労働省 不正流用の事実は明白。 森光敬子 保険局 医療課 課長補佐。(関東信越厚生局幹部 現 医事課長 )

現  関東信越厚生局幹部 医事課長 森光 敬子 http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/about/documents/kanbumeibo.pdf
関東信越厚生局〒330-9713 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館7F 電話:048-740-0711


保団連(全国の医師・歯科医師10万3千人の団体)では平成20年6月30日、厚生労働省 保険局医療課 森光敬子 課長補佐宛に説明責任要望書を送付しましたが、回答期限の7月3日正午までに回答がありませんでした。

6月30日に保険局医療課に電話をしましたが、森光敬子課長補佐にはつながらず、折り返し電話をいただけるようにお願いしましたが、電話はありませんでした。


> それまでに回答がない場合には、厚生労働省が説明責任を放棄し、
> 不正流用の事実を認めたものとします。
> また、想定回答を了承したものとみなし、7月3日正午をもってQ&Aとして
> 保団連のホームページに公開する
想定回答に対する修正、変更の連絡はありませんでした。
質問状および想定回答のQ&Aはこちらです。

Q&A : http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/080703kaitou.pdf


(A)厚労省保険局医療課の文書 (A) http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/ona.pdf
(B)みずほ情報総研の文書(B) http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/onb.pdf
(C)厚労省保険局医療課の文書の下書き(抗議文にいう「誤った開示資料」)(C)http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/onc.pdf
に続いて、新たな文書(D)日本医師会より府県医師会宛事務連絡の別添資料より
(D)http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/ond.pdf  が発見されました。


文書(D)は平成19年7月17日 日本医師会より調査対象の6府県医師会へ事務連絡され、各郡市医師会へ送られた正式の書類です。
調査が実施された某府県医師会および熊本県の複数の某郡市医師会に保存されていました。

文書(D)は文書(C)と全く一致しています。
よって、文書(C)は厚生労働省のいうような「下書き」や「誤った文書」ではありません。
平成19年に実際に使用された文書です。
日本医師会には文書(D)を渡し、実際の調査では異なる文面の文書(A)を使用した。


もはや、不正流用の事実は明白です。
7月3日、外来管理加算の問題を厚生労働省で記者発表し、その足で保険局医療課にお邪魔しました。森光課長補佐とやっと会え、30分ほどお話しました。森光補佐は( 1 ) 厚労省が出したお願い文(A)には、「今後の診療報酬改定の検討資料とすることを目的に」と書いてあり、なんら不正流用には当たらない、( 2 )みずほ情報総研の文書や、医師会の内部文書に何が書いてあろうと厚労省は関知しない、として不正流用を認めませんでした。
しかし国民に対して説明責任を果たすことは国家公務員としての義務ではないでしょうか。
我々医師も一国民であります。
厚生労働省からの誠意ある説明を求めます。

以上

http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/080703kourou.html
http://ameblo.jp/fuseiryuuyou/entry-11324300035.html より引用


 

厚労省、森光敬子。不正流用は明白です

 投稿者:厚労省、森光敬子。不正流用は明白です  投稿日:2012年10月14日(日)21時13分46秒
返信・引用
  厚生労働省 医系技官 森光敬子 、不正流用の説明責任をはたさず、ごまかすことが、あなたの「技」ですか?
それが、技官としての仕事ですか?
そんな人間は、国家公務員・医師としての適正がありません。
現在、福島第一原発事故の放射能による汚染状況は、人類がかつて経験したことのない規模の汚染になっています。
あなたのように、国家公務員としての義務をはたさない無責任な人は、国民の命と健康にかかわる仕事をするべきではない。
即刻、辞職すべきでしょう。
以下、引用
________________________________________________________________

厚生労働省 不正流用の事実は明白。 森光敬子 保険局 医療課 課長補佐。(関東信越厚生局幹部 現 医事課長 )

現  関東信越厚生局幹部 医事課長 森光 敬子 http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/about/documents/kanbumeibo.pdf
関東信越厚生局〒330-9713 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館7F 電話:048-740-0711


保団連(全国の医師・歯科医師10万3千人の団体)では平成20年6月30日、厚生労働省 保険局医療課 森光敬子 課長補佐宛に説明責任要望書を送付しましたが、回答期限の7月3日正午までに回答がありませんでした。

6月30日に保険局医療課に電話をしましたが、森光敬子課長補佐にはつながらず、折り返し電話をいただけるようにお願いしましたが、電話はありませんでした。


> それまでに回答がない場合には、厚生労働省が説明責任を放棄し、
> 不正流用の事実を認めたものとします。
> また、想定回答を了承したものとみなし、7月3日正午をもってQ&Aとして
> 保団連のホームページに公開する
想定回答に対する修正、変更の連絡はありませんでした。
質問状および想定回答のQ&Aはこちらです。

Q&A : http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/080703kaitou.pdf


(A)厚労省保険局医療課の文書 (A) http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/ona.pdf
(B)みずほ情報総研の文書(B) http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/onb.pdf
(C)厚労省保険局医療課の文書の下書き(抗議文にいう「誤った開示資料」)(C)http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/onc.pdf
に続いて、新たな文書(D)日本医師会より府県医師会宛事務連絡の別添資料より
(D)http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/ond.pdf  が発見されました。


文書(D)は平成19年7月17日 日本医師会より調査対象の6府県医師会へ事務連絡され、各郡市医師会へ送られた正式の書類です。
調査が実施された某府県医師会および熊本県の複数の某郡市医師会に保存されていました。

文書(D)は文書(C)と全く一致しています。
よって、文書(C)は厚生労働省のいうような「下書き」や「誤った文書」ではありません。
平成19年に実際に使用された文書です。
日本医師会には文書(D)を渡し、実際の調査では異なる文面の文書(A)を使用した。


もはや、不正流用の事実は明白です。
7月3日、外来管理加算の問題を厚生労働省で記者発表し、その足で保険局医療課にお邪魔しました。森光課長補佐とやっと会え、30分ほどお話しました。森光補佐は( 1 ) 厚労省が出したお願い文(A)には、「今後の診療報酬改定の検討資料とすることを目的に」と書いてあり、なんら不正流用には当たらない、( 2 )みずほ情報総研の文書や、医師会の内部文書に何が書いてあろうと厚労省は関知しない、として不正流用を認めませんでした。
しかし国民に対して説明責任を果たすことは国家公務員としての義務ではないでしょうか。
我々医師も一国民であります。
厚生労働省からの誠意ある説明を求めます。

以上

http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/080703kourou.html
http://ameblo.jp/fuseiryuuyou/entry-11324300035.html より引用
 

Re: LEAD

 投稿者:lePmkwyiErox  投稿日:2012年 7月19日(木)08時57分4秒
返信・引用
  > No.1252[元記事へ]

Ab fab my gooldy man.
 

eApitLyEeYQnEEE

 投稿者:HoGYTmWrtqvSiSiuc  投稿日:2012年 7月17日(火)13時44分50秒
返信・引用
  Shiver me timbers, them's some great inforamiton.  

(無題)

 投稿者:sss  投稿日:2011年 1月 9日(日)15時06分14秒
返信・引用
  近年、医療・薬学分野では“薬物治療の個別化”が注目されています。それは、患者一人ひとりに適した治療を行うという考え方です。同じ病気でも、薬の効果や副作用の強さは個人によって異なり、その全てに的確に対応できる知識が、いま必要とされています。
また、この治療方法は患者さんとの相互理解が不可欠です。苦しみを理解し、温かい心配りのできる“惻隠の心”は欠かせません。本学では、学生一人ひとりの個性を伸ばし、専門的な知識と心の温かさを持つ薬剤師育成を目指した教育を実践します。
 

(無題)

 投稿者:sss  投稿日:2011年 1月 9日(日)14時09分34秒
返信・引用
  6年間、安心して学べるために様々なサポートシステムを用意しています。「チューター制」は、学生20名あたりに教員が1名つき、日常の学習についての質問や国家試験対策から就職の相談まで学生をバックアップするシステム。学生生活や友人関係、進路についての相談には学生相談室にいる臨床心理士がケアをしてくれます。他にも、キャンパス内に自己負担ゼロで診察を受けることができるクリニック、夜の11時まで開いている図書館など、勉強に専念できる環境を整えています。  

 投稿者:sss  投稿日:2011年 1月 9日(日)11時32分53秒
返信・引用
  Applied therapeutics 8th ed.  the clinical use of drugs Mary Anne Koda-Kimble ... [et al.]
Drug information 2nd ed.  a guide for pharmacists Patrick M. Malone ... [et al.]
NEW薬理学 改訂第5版 田中千賀子 編集
アプライドセラピューティクス  症例解析にもとづく薬物治療   1-5 Lloyd Yee Young 編
クリニカル・ファーマシーのための疾病解析 [本編] 第7版    [本編] Eric T.Herfindal
「かかりつけ薬剤師」を支えるコミュニケーション  服薬指導マネージャーから生まれた"マ
ンガで見る"
医・薬研究会 編
「処方せんチェック」虎の巻  その薬を出す前に 日経ドラッグインフォメーション 編
「処方せんチェック」虎の巻  その薬を出す前に  2 日経ドラッグインフォメーション 編
クリニカル・ファーマシーのための疾病解析 [本編] 第7版    [本編] Eric T.Herfindal
スキルアップのための医療コミュニケーション 保坂隆 著
スキルアップのための漢方薬の服薬指導 岡野善郎 著
スキルアップのための添付文書自由自在 中原保裕 著
スキルアップのための糖尿病の服薬指導 厚田幸一郎 編集
スキルアップのための皮膚外用剤Q&A 大谷道輝 著
スキルアップのための服薬指導サブノート 改訂2版 山田浩一 著
スキルアップのための薬歴管理サブノート くすりのカルテ研究会 著
プレアボイド  薬学的患者ケアの実践とその成果 日本病院薬剤師会 編
メディカル・サポート・コーチング入門  医療者向けコミュニケーション法 奥田弘美 著
よく効く市販薬の選び方使い方事典  セルフメディケーション虎の巻 医薬情報研究所エス・アイ・シー 編
わかりやすい保険調剤業務 第4版 保険調剤実務検討委員会 編
医薬品・医薬品情報の管理と提供 斎藤侑也 編
医薬品情報・評価学 河島進 [ほか] 編
医薬品服薬指導情報集  医師・歯科医師・薬剤師のための 厚生省医薬安全局安全対策課 監
医薬品服薬指導情報集[薬効別]  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための 日本薬剤師研修センター 編
医薬品服薬指導情報集[薬効別] 下  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための  下 日本薬剤師研修センター 編
医薬品服薬指導情報集[薬効別] 上  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための  上 日本薬剤師研修センター 編
医薬品服薬指導情報集[薬効別] 総索引  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための 日本薬剤師研修センター 編
医薬品服薬指導情報集[薬効別] 中  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための  中 日本薬剤師研修センター 編
医薬品服薬指導情報集[薬効別] 追補版  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための 日本薬剤師研修センター 編
医薬品服薬指導情報集[薬効別] 追補版2  standard 医師・歯科医師・薬剤師のための 日本薬剤師研修センター 編
医療現場で必要な薬学的知識の使い方  事象をいかに捉え、工夫し、伝達するか 大井一弥 編
患者さんのセルフケアを支援する服薬カウンセリング 後藤惠子 著
患者さんの笑顔が見たい薬剤師の会話レッスン  効果的コミュニケーションへの挑戦実例 間辺利恵 著
健康食品Q&A  わかるサプリメント 古泉秀夫 編著
健康食品の基礎知識 : チーム医療担当者必携  95の演習問題と解答・解説 佐藤健治 編集
健康食品取扱マニュアル 第4版  消費者へのより良い健康食品の提供を目指して 東京都健康局
疾患別服薬指導マニュアル 第1集 第2版    第1集 第3集 第2版 横川弘一 [ほか]編著
実践医療薬学  科学的根拠に基づく薬物療法を行うために 岡野善郎 [ほか] 編
小児・高齢者への薬物投与時の注意 改訂4版 山下晋 著
症状別チェック式OTC薬の選び方・使い方 武政文彦 [ほか]編著
症例から学ぶSOAPワークブック  薬剤師が行う薬物治療マネジメント 高橋晴美 [ほか]著
症例チャートからみる服薬指導ガイド  薬学的管理とその解説 日本薬剤師研修センター 編集
新・服薬指導ノート 大田区管理センター 編
注射薬配合変化Q&A  根拠でわかる注射・輸液配合時の事故防止対策 : 今これだけは
知っておきたい!
阿南節子 編著
注射薬服薬指導マニュアル  適用上の留意点 田中良子 [ほか]総編集
認定NSTガイドブック 日本病態栄養学会 編
表解注射薬の配合変化 改訂9版  混注時の留意点 宮本剛典 [ほか]編集
病院薬局製剤 第5版 日本病院薬剤師会 編
病院薬剤師業務マニュアル  病院薬剤師業務の標準化に向けて 日本病院薬剤師会 監修
病態生理からみた服薬指導の実際 病態生理からみた服薬指導の実際
服薬指導にすぐ使えるカウンセリングテクニック  会話形式による事例集 堤俊也 編
服薬指導のためのくすりの効き方と作用  ビジュアルラーニング 國正淳一 著
服薬指導のリスクマネジメント  ヒヤリハット事例に学ぶ 沢田康文 著
薬剤管理指導のためのプロブレムリスト作成の手引き
日本病院薬剤師会学術委員会第三
小委員会 編
薬剤管理指導業務のためのケアワークシート作成の手引き  Care work sheet manual
東京都病院薬剤師会薬務薬制部病
棟業務整備小委員会 編集
薬剤師のための医療コミュニケーションスキル  心をつなぐ服薬指導 町田いづみ 著
薬剤師のための精神科薬物療法 統合失調症編  専門領域薬剤師養成テキスト 東京都病院薬剤師会 編集
薬剤師のための服薬指導ガイド 第2版 和田攻 [ほか] 編
薬剤師のための輸液・栄養療法 東京都病院薬剤師会 編集
薬剤師のための倫理  ケーススタディーを中心に ロバート・M・ヴィーチ 著
薬剤師のための臨床検査ハンドブック 前田昌子 編著
薬剤師のための褥瘡の治療とケア 東京都病院薬剤師会 編集
薬剤師のための褥瘡の治療とケア  専門領域薬剤師養成テキスト 東京都病院薬剤師会 編集
薬剤師の疑義照会 漆畑稔 監修
薬剤師の臨床業務に役立つ情報活用法 折井孝男 監修
薬物による予期せぬ作用  生化学・薬理学テキスト R.R. Raje [著]
薬物療法と相互作用  相互作用によるリスクの回避を目指して 日本薬剤師研修センター 編集
優秀処方とその解説 改訂第38版 細田順一 [ほか]著
有害事象の診断学  医薬品と有害事象との因果関係判定の手引き 清水直容 [ほか]編
要注意医薬品の安全使用手引き 兵庫医科大学病院薬剤部 編著
臨床医学概論 福井次矢 編著
臨床医薬品副作用ハンドブック 名尾良憲 編著
臨床薬剤師のための副作用入門 増原慶壮 著
POSによる標準ケア計画 改訂2版  ファーマシューティカルケアの実践 早川達 著
British national formulary    45 The British Medical Association
Dr.カイザーのファーマシューティカル・ケアワークブック  Dr. Kayser's pharmaceutical care
workbook
Steven R. Kayser 著
Drug information 2nd ed.  a guide for pharmacists Patrick M. Malone ... [et al.]
Drug safety evaluation Shayne C. Gad
Drug therapy for gastrointestinal and liver diseases Michael JG Farthing
Drug therapy in dermatology    18 Larry E. Millikan
Drug-induced liver disease Neil Kaplowitz
Martindale 34th ed  the complete drug reference edited by Sean C Sweetman
Melmon and Morrelli's clinical pharmacology 4th ed.  basic principles in therapeutics S. George Carruthers ... [et al.]
Over-the-counter products Sarfaraz K. Niazi
Stockley's drug interactions 6th ed.  a source book of interactions, their mechanisms,
clinical importance and management
Ivan H. Stockley
Pharmacotherapy 5th ed.  a pathophysiologic approach Joseph DiPiro, ...[et al.]
Textbook of therapeutics 8th ed.  drug and disease and disease management Richard A. Helms [et al.]
医療薬学 医療薬学会
 

雑誌

 投稿者:sss  投稿日:2011年 1月 9日(日)11時31分26秒
返信・引用
  治療学 ライフサイエンス出版
調剤と情報 じほう
中毒研究 じほう
ファルマシア 日本薬学会
FFIジャーナル 三栄源エフ・エフ・アイ
月刊薬事 じほう
医薬ジャーナル 医薬ジャーナル社
化学療法の領域 医薬ジャーナル社
Mebio メヂカルビュー
メディカル朝日 朝日新聞社
Medcament News ライフーサイエンス
Medicina 医学書院
日刊薬業 じほう
日経バイオテク 日経BP社
日経ドラッグインフオメーション 日経BP社
日経メディカル 日経BP社
日経サイエンス 日経サイエンス
PEN:静脈経腸栄養ニューズ ジエフコーポレーション
週刊薬事新報 薬事新報社
薬局 南山堂
薬学雑誌 日本薬学会
薬事日報 薬事日報社
薬理と治療 ライフサイエンス出版
Accounts of Chemical Research (電子ジャーナル)
Analytical Chemistry (電子ジャーナル)
Autonomic Neuroscience:Basic and Clinical (電子ジャーナル)
Biochemistry (電子ジャーナル)
British Journal of Pharmacology (電子ジャーナル)
Cancer (電子ジャーナル)
Cell (電子ジャーナル)
Chemical Research in Toxicology (電子ジャーナル)
Clinical Biomechanics (電子ジャーナル)
European Journal of Pharmacology (電子ジャーナル)
Hepatology (電子ジャーナル)
Joumal of Biomechanics (電子ジャーナル)
Joumal of Chromatography B (電子ジャーナル)
Joumal of Neuroscience (電子ジャーナル)
Journal of Medicinal Chemistry (電子ジャーナル)
Journal of Pain and Symptom Management (電子ジャーナル)
lntemational Joumal of Medical lnformatics (電子ジャーナル)
Nature (電子ジャーナル)
Nature Digest (電子ジャーナル)
Nature Medicine (電子ジャーナル)
Proceedings of the National Academv of Sciences (電子ジャーナル)
Science (電子ジャーナル)
The Lancet (電子ジャーナル)
The New England Jouranal of Medicine (
 

レンタル掲示板
/68