• [0]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理人
 
久々に運搬機を使う為エンジンのリコ-ルワイヤ-を引くもエンジンが動かず、点火プラブが怪しいと思いプラグをはずすとやはりカ-ボンで真っ黒である、ホ-ムセンタ-で同型の点火プラグを購入、スタ-タワイヤ-を引くと一回でエンジンが始動、しばらくならし運転をして翌日の使用に備える。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [11]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時36分46秒
 
太陽電池は丁度クラッチの所に平たい空きスペ-スが前にあるのでここに幅広のビニ-ルテ-プで留めました、真夏の太陽下では短絡電流は500mAありました。
少し曇ってても充電はされています、これでしばらく使用します。
SCRを使った回路にすれば電池は小さな充電電池でも利用できるのですが、それは今度の機会にします、この時期は雑草とかで大変です・・・

  • [10]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時35分51秒
 
今回の太陽電池の取り付けも含んで回路図と言う程大層なものではないが、一応アップします。

  • [9]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時35分4秒
 
警報ブザ-に来てる電圧を調べてみると3V程しか電圧は出ていなくて、電流もそれ程多い様ではない、(交流のためテスタ-で電流が測れないため)ここからの充電は出来ない、
電圧は低くとも電流が多ければ電源トランスを付ければ昇圧できるのだが、農機エンジンの場合アイドリングでは発電能力が車より劣るようだ。
太陽電池が安くなっている定格17V300mA 5Wのものが安い。
3時間使ったとして、イグナイタ-の消費電流は1Aなので 3AHである、
300mAで充電すれば10時間~12時間すれば良い事になる、二日程太陽に当てて置けば良い、これで十分いけそうだ これを手に入れる事にする
12Vのバッテリ-に充電する場合17Vは必要である、13.8Vではバッテリ-の電圧が上がった来た時に電流が殆ど流れないので計算通りの時間では満充電は出来ない。
充電回路は運搬機の使用実態からして特に充電完了の回路はあえて作らない事にする。
過充電が予想されるのでバッテリ-液が規定より不足しているかのメンテは必要だ
元々捨てるバッテリ-を延命器を作り再生したものであるからしてバッテリ-不良に陥っても惜しくはない。
とにかく格安でしたいので・・・

  • [8]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時33分34秒
 
パルサ-コイルの電圧及びイグナイタ-の駆動入力電圧が正確に測定出来ないため、パルサ-コイルから10Kのボリユ-ムで分圧してイグナイタ-に加えるものとしました。
最初はボリユ-ム位置はパルサ-コイル側の位置にセット、スタ-トワイヤ-を引きエンジンスタ-トする、この段階でボリユ-ムを下げていきエンジンの回転が不安定になれば少し元に戻す、これでセット完了だ。
エンジンを一旦止めて、再度スタ-トワイヤ-を引きエンジンをかける、ケッチンを食らう事はありません低速回転もスム-ズでエンジンの音も少し静かになった様です。

バッテリ-からの電流が平均で1A有る為、充電が必要の様ですが手持ちの関係で車のバッテリ-を使用した為、重量がそうとうあり移動が結構大変です、何か考えないと・・

隣の畑の人から緑化機械はゴルフ場の草刈がメインの仕事で多分そこでは直せないだろうと言われました。

  • [7]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時32分20秒
 
イグニッションコイルが届きました、早速机上テストですフルトランジスタ-イグナイタ-を付けスイッチオン力強いスパ-クが出ています、後は点火時期の問題です下記図の様であれば問題無いのですが、早速エンジンに取り付けスタ-トワイヤ-を引くと強い反応がありました、2回目でエンジンスタ-ト安定した回転です、やはり点火系の故障だった様です

写真左上の白いカバ-の右側の物が今回取り付けた物です完全に壊れてる訳ではないので従来のCDIの回路はそのままにしてある、この高圧発生回路はバッテリ-が必要なためバッテリ-がなくなった時に使う事があるかも知れないと・・・・・・

フルトライグナイタ-はCDIと違って低速回転には強力なスパ-クで安定した回転の為、運搬機等低速回転で使う物はこちらの方が適してるかも知れません

緑化機械からの連絡は今日もなかった、もうダメだろう、先にイグニッションコイルで改造したのが正解だったようだ、そう言えば店先には草刈機しかなく、工具もあまりあるような感じではなかったので修理もこの程度のものしか出来ないのかも知れませんね

  • [6]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時31分3秒
 
緑化機械からの連絡は今日もなかった
エンジンのストップスイッチの端子をテスタ-で調べると1V位の電圧なので下記図の様になっていると思われる、本体の改造なしに出来るだけ安価でしかも簡単にするため手持ちのトランジスタ-イグナイタ-とイグニッションコイルを組み合わせて作ってみようと思う、
トランジスタ-イグナイタ-は古い型のイグニッションコイルとの相性は良いが小型のSCR用のコイルではこの方法では高圧が出ないので要注意だ、さっそくオ-クションで自動車用のイグニッションコイルを手に入れる¥1500であった。

  • [5]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時30分10秒
 
一度スイッチのホット側にパルス電圧が来ているか調べてみれば簡単に点火回路を作る事が出来るのだが・・・単車のイグニッションコイルが安く手に入るようだ、これと手持ちのフルトランジスタ-イグナイタ-の入力がパルスコイルからの信号電圧でスイッチングするタイプなのでこれを組合すと自作できる

  • [4]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時29分47秒
 
今日は最初に新しくエンジンオイルを入れ替えスタ-トワイヤ-を引く、2回目でエンジンスタ-トいつも通りの動きだ、しばらくするとやはりエンジンストップする、念のためエンジンヘッドカバ-を外し中を調べる、特に汚れてる以外正常である中をクリ-ニングして閉じる。
後は点火系しか無い、今日は曇り空なのでプラグからの火花もわかりやすい、スタ-トワイヤ-を引くも火花出ていない、一度点検の為、点火コイル部分を調べて見たく取り外しにかかるがエンジンの軸のナットが硬くて手持ちの工具ではフアンが外せない、ここは専用の道具が無いと外れないようだ、これが外れないと点火系の部品をセットしてある所までたどりつかない。
諦めて先日ガソリンスタンドで紹介された緑化機械と言う店に行くあいにく店主は不在で連絡してもらえる様に頼んで帰る。
点火系の回路図をネットで調べると下記の図の様である、以前ストップスイッチをテスタ-で調べるとスイッチオフ
でア-スされるタイプの為下記の図に近い回路だとおもわれる

  • [3]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時28分5秒
 
今日エンジンをかけると全く作動せず、メガネレンチは持ってきたので、さっそくキャブを取り外しメインノズルとスロージェットへキャブクリーナーを念入りに吹きかけてその他の部分も綺麗にクリ-ナを吹きかけて取り付けました、エンジンがかかりハンチングも無くなりスロ-も安定した、しばらくならし運転をしていたが5分~10分で突然エンジンが停止、再度リコ-ルワイヤ-を引くも全くエンジンがかからず、以前より日によってかかったりかからなかったりしていたので故障箇所は2ケ所あるようです
明日再度挑戦だ・・

  • [2]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時26分32秒
 
キャブクリ-ナを用意して分解する予定でしたが取り外しにメガネレンチが必要でした、今日はメガネレンチを用意していないので取り外しを断念して、一度エンジンをスタ-トするとこれがかかってしまって、とりあえずエア-取入れ口とガソリンパイプの中にクリ-ナを液を直接吹き込みました、しばらくこのままで様子をみます

  • [1]
  • 運搬機修理

  • 投稿者:管理者メール
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)20時25分11秒
 
久々に運搬機を使う為エンジンのリコ-ルワイヤ-を引くもエンジンが動かず、点火プラブが怪しいと思いプラグをはずすとやはりカ-ボンで真っ黒である、ホ-ムセンタ-で同型の点火プラグを購入、スタ-タワイヤ-を引くと一回でエンジンが始動、しばらくならし運転をして翌日の使用に備える。
しかし当日エンジンのリコ-ルワイヤ-を引くも全く反応なし、再び点火プラグをはずして見るも特にカ-ボンが付着している訳でもなく、別の所と思い当日はそのままにて一旦帰宅、ネットで調べるとキャブの説明の所で以下の説明がありました
「ゴミがつまったり、古いガソリンにより内部が腐食したりするとエンジンが掛からなくなったり、エンジンが掛かっても低速回転にするとエンジンが止まったり、あるいはエンジンの回転が安定せず低速と高速を繰り返す(ハンチング現象)などがおこります。」
そういえば以前からハンチング現象がありました、明日キャブのオ-バホ-ルに挑戦する予定です


レンタル掲示板